ローンの種類は大きく分けると3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ローンには大きく分けて3つの種類があります。
ここでは、その3つについて解説します。詳しく見てみましょう。

ローンの3つの種類

ローンには、3つの種類があります。

借りたお金の使用方法によって3つに分類することが出来ます。
以下のようになります。

  • 1.使用方法が限定されているローン
  • 2.使用方法があまり限定されていないローン
  • 3.使用方法がまったく限定されていないローン

の3つです。

それぞれどんなローンなのでしょうか?

1.使用方法が限定されているローン

住宅ローンや自動車ローンなどがこれにあたります。
大抵の場合、「○○ローン」といった言い方をします。
「○○」に入る言葉が、借りたお金の使い道になります。
他の使い道には使用出来ないと思って良いでしょう

2.使用方法があまり限定されていないローン

フリーローンというのが、これにあたります。
フリーという言葉通り、借りたお金の使い道は、ほぼ自由なのですが、
多少は制限があり、まったく自由に使えるわけではございません
制限されてる使い道については、金融機関によって異なる場合がございます。

3.使用方法がまったく限定されていないローン

これには、カードローンやキャッシング等があたります。
使い道は自由です。何に使ってもかまいません。
自由なだけに、その分、自分できちんと管理することが必須になります。
フリーローンと混同されている場合もあるので、気をつけましょう。

自分に必要なローンを借りる

上に上げた3つのローンですが、

1は審査が厳しい分、金利が低く抑えられています。
3はその反対で、審査は1ほど厳しくありませんが、金利が高くなっています。
2はその中間といった感じでしょうか?

金融機関にもよりますので、一概には言えませんが、
基本的にはそのような傾向が高いと考えて良いでしょう。

自分がどんな目的でお金を借りたいのかを考え、
どのローンを利用するかを決めましょう。

審査が厳しくなくても、金利が高いとお金を返済するのが大変になります。
あるいは、少額のお金をすぐに必要としているのに、
審査が厳しく、審査が終わるまでなかなかお金が借りられない、というのも困ってしまいます。

自分のニーズにあったローンを選びましょう。
そのためには、ローンについてきちんとした知識を付けるのが重要です。

まとめ

・ローンには3つの種類がある
・借りたお金の使用制限によって種類を分けることが出来る
・自分の目的にあったローンを借りるための知識を付ける

コメントは受け付けていません。

執筆: