コンビニエンスストアで買い物をしてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストア、
街を歩けばすぐに店舗があり、多くの物が売っていてとても便利です。
ですが、「便利さ」と引き替えにあなたは大事な物を失っています。

コンビニは定価販売が基本

皆さんはコンビニエンスストアによく行きますか?
私はほとんど行きません。

なぜなら、価格が高いからです。
ほとんどの物が定価で販売されています。

お菓子、文房具、雑誌、書籍、アイスクリーム、パンなど
同じ商品がスーパーマーケットで売っています。そちらで買った方が断然お得。
定価で買うなんてありえません。

おにぎりやお弁当なども、自炊をすれば買う必要がなくなってきます。
なるべく、スーパーマーケットで食材を買い、自炊をするように心がけましょう。
健康面からも、添加物が多く使用されているお弁当を食べるよりも、自炊の方がお勧めです。

雑誌は図書館へ行けば、多くの雑誌が揃っています
女性ファッション誌や音楽雑誌、ビジネス雑誌、有名どころの雑誌はほとんど揃っているでしょう。
誰の目を気にすることなく堂々と無料で読めますので、図書館の利用をお勧めします。

もし、雑誌を買うのであれば、

ポイントが貯まるツタヤを利用する
チケットショップで図書券や図書カードを買い、それを使って本屋で買う

など、定価より安く買う技を使いましょう。

コンビニエンスストアは帰宅途中についつい寄ってしまうので、買わなくていい物も買ってしまいがちです。

コンビニ企業の側から見れば、なるべくお金を使って貰えるように、
頭のいい人達が戦略を練って、商品展開をしています。
「ついで買い」をしてしまうのも、彼らがそういう戦略で商品を置いているからです。

彼らの戦略に乗らないように、賢い消費者になりましょう。

近くにスーパーマーケットがない方は
コンビニエンスストアを使うしかないかもしれませんが、
次回の引越の際は、スーパーマーケットがある街かどうかチェックしましょう。

急な要件の時には
24時間営業をしているコンビニエンスストアが必要な場合もあるので、
コンビニエンスストアとスーパーマーケットの両方が近くにある物件ならなお良しです。

節約は引越の段階から始まっています。
毎日の出費をいかに安く抑えるか、それを考えるとスーパーマーケットやドラッグストアは必須です。

コンビニエンスストアは便利である分だけお金を余計に支払う必要がある
ということを頭に入れておきましょう。

最近は100円ローソンや、
セブンイレブンのプライベートブランド(PB)であるセブンプレミアムなど
商品によってはスーパーマーケットよりも安い場合もあります。

コンビニエンスストアで商品を買うなら、こういった商品を利用し、
上手に使い分けて出費を抑えましょう。

まとめ

・コンビニエンスストアは定価販売
・スーパーマーケットやドラッグストアで同じ商品が安く売っている
・図書館の雑誌も結構充実している
・引越時にはスーパーマーケットがあるかどうかもチェック

コメントは受け付けていません。

執筆: